サラ金という銀行、お金を借りるの比較したいポイントは?

暮らしをおくる中で、へそくり調達のためにお金を借りることになる会合は何度かあります。お金を借りるときの賃借先決として先ず思い浮かべるのは銀行をはじめとする金融機関やサラ金をはじめとする貸金企業ですが、これらを比較する場合どんな面に意識すれば良いでしょうか。
お金を借りるという点から銀行というサラ金を比較する際、とりわけ傾注決める点は利率です。現行のルールでは、利率のてんこ盛りは借入金によって15〜20百分比の間で変動するメカニクスになっていますが、貸金企業は上限にほど近い18百分比の利息を設定していらっしゃるところが多いのに対して、金融機関の場合はそれより安い14百分比前後で設定されているあたりが多いです。
また、互いを比較する場合に総量管理の利用の有無も傾注決める面として挙げられます。総量管理は貸金業法の規定である結果、利用の対象となるのは貸金企業として登録していることです。そのため、サラ金はこういう管理の利用を受け、年収の3分の1を超えて拝借を行うことはできません。一方、金融機関は貸金業法による管理を受けないので、総量管理の利用も受けません。その代わり、金融機関では借金に対する査定は貸金企業以上に厳格に行われます。