金欠で延滞しそう、その場合どうなる?

低金利のカードローンと延滞


低金利カードローン

低金利のカードローンを利用していて、注意が必要なのが未払いや滞納、または延滞などの決められた支払日に返済が出来ないことです。
もし、不払いなどを起こすとカードローン会社から、不払いになったことと入金に関してのはがきが届きます。
会社によっては、携帯や勤務先などに連絡が入りますが、通常ははがきになります。
返済日までに難しい場合は、早めにカードローン会社に連絡をして、遅れることを知らせましょう。
延滞の記録は残りますが、督促などがなくなります。

また、延滞をしている間はお金を借りることは出来ません。
特にすぐに入金出来ない場合は、利用再会を確認しておかないと、かなりの期間で使用が出来なくなります。
更に、返済を延滞すると返済日に送れた日数分だけ迷惑料として、「遅延損害金」がかかってきます。
これは、どんなに低金利のカードローンでも、大体一律20%に統一されているので、かなりの迷惑金を支払う必要があります。
折角、低金利で利息の負担が少ないのですから、出来る限り延滞が出ることは避けて返済に困らない限りで借りた方が賢明です。






低金利カードローン